2010年01月31日

外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)

 鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権をめぐる問題で、石原慎太郎東京都知事や上田清司埼玉県知事、松沢成文神奈川県知事、森田健作千葉県知事ら首都圏の知事が相次いで外国人参政権の付与に反対や疑義を表明している。全国都道府県議会議長会も反対の立場から特別決議を採択。閣内、党内がまとまらず、国家の主権・独立を脅かしかねない重大問題を十分な議論なしに進めようとする政権への異議申し立てが広がっている。(安藤慶太)

 石原知事は今月15日の記者会見で外国人参政権付与について「絶対反対。発想そのものがおかしい」と批判した。地方に限って参政権を認めるといっても、地方政治が国家の問題とつながっている案件はたくさんある。わが国と他国の間に軋轢(あつれき)が生じた場合、永住者を政治利用し、国民の意思決定が脅かされる恐れもあるだけに「危ない試み」と憂えている。

 千葉県の森田知事も14日の記者会見で「国籍を持って投票すべきだというのが私の考えだ」と述べた。

 民主党系の知事からも批判や注文が相次ぐ。神奈川県の松沢知事は「国民の主権をいじる問題で一方的に国会で決めていいのか」。埼玉県の上田知事も反対の立場を表明。「ナーバスな問題。国家の基本の話は1回の国会の多数決で片づける話ではない」とし、「基地問題など外交、安全にかかわる話が市長選のテーマになることもある。国の運命を左右する話には、日本国籍を持った人が投票すべきだ」と語った。

 都道府県議会でも反対の動きは広がっている。全国都道府県議会議長会は21日、「民主主義の根幹にかかわる問題で、拙速に法案提出や審議されるべき案件ではない」とする特別決議を採択。ある議長は「党利党略のにおいがする」と話し、在日本大韓民国民団(民団)の選挙支援の見返りに、国の主権や独立を売り渡しかねない今の状況に警鐘を鳴らした。

 かつて都道府県議会では34、市町村では1200を超える議会が、参政権付与に賛成する立場から意見書や決議を採択したが、鳩山政権発足後、参政権付与が現実味を増すにつれて危機感が拡大。昨年10月に熊本県で反対決議が採択され、12月には茨城、香川、石川、島根、埼玉、大分、長崎、佐賀、秋田、新潟、富山、山形、千葉の14県議会で次々と採択された。

 これまで賛成していた茨城や千葉、石川、富山、島根、佐賀、長崎、大分の8県が昨年の政権発足後に反対決議に転じ、都道府県で賛否逆転の可能性も出ている。

元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)
<鳩山首相>山梨に地方行脚(毎日新聞)
石川議員逮捕、法相に事前報告(時事通信)
家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)
<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)
posted by オオイズミ ヒカル at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が25日の記者会見で、元秘書らにかかわる政治資金規正法違反事件で、自らの監督責任に初めて言及したのは、最低限の責任を認めることで、マスコミや世論の批判をかわすねらいがあるようだ。また小沢氏は、東京地検特捜部による事情聴取に応じる意向を固めた18日以降、検察、マスコミ批判を封印しており、この会見でも同様の“低姿勢”を貫いた。検察の捜査に対する小沢氏の危機感のあらわれとみられる。(榊原智)

                   ◇

 「私は、捜査が公正さを欠くようなことをしているとは思っておりません。公平公正な捜査に、今までもそのつもりだったが、今後も協力していく」

 小沢氏は25日の記者会見で、検察の捜査を信頼しているとの立場を表明した。16日の党大会では、捜査に対して「到底このようなやり方を容認できないし、これがまかり通るなら、日本の民主主義は将来的に暗澹(あんたん)たるものになる」と非難し、検察との全面対決を宣言していたが、それをすっかり忘れたかのような変わりぶりだ。

 マスコミにも低姿勢だ。小沢氏は会見で報道陣の不勉強ぶり、事実誤認を主張するのが常だが、25日の会見では、逆に質問者から「検察とメディアが歩調をそろえたかのように推定無罪の原則をやぶった報道が続いている」と、小沢氏を擁護するような問題提起があったにもかかわらず、小沢氏の方は、マスコミ批判を一切、口にしなかった。公の場で検察やマスコミ批判を繰り返すのは得策ではないと判断したようだ。

 低姿勢の半面、小沢氏サイドは25日の会見で、やや強引な手法も使った。小沢氏側近の佐藤公治副幹事長が司会を務め、「一社お一人、一問でお願いできればありがたい」として追加質問を認めず、20分もたたないうちに会見を打ち切ったのだ。これにより、記者団の追及は不発に終わった。記者から問い詰められても、逆に記者をやり込めても、世論に与える印象は良くないだけに、ソフトな雰囲気のうちに会見を閉じたい思惑が小沢氏サイドにはあったのかもしれない。

手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)
原口氏も小沢氏批判?「国会で疑いを晴らすべき」(産経新聞)
ハイチ大地震 自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)
首相「小沢幹事長の潔白証明望む」衆院予算委(読売新聞)
SNSのグリー最高益 09年7〜12月期決算(産経新聞)
posted by オオイズミ ヒカル at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)

 22日午前0時15分ごろ、千葉県市原市山田橋、会社員、奈佐昭一さん(44)方から出火、木造2階建て住宅約90平方メートルが全焼し、隣の民家が半焼した。奈佐さん方の焼け跡から長女の県立高1年、優里香さん(16)と三女の市立中1年、栞里(しおり)さん(12)がいずれも焼死体で見つかった。

 県警市原署によると、奈佐さんは妻と娘3人の5人暮らし。出火時、奈佐さんは仕事で外出中。優里香さんと栞里さんは2階で寝ており、1階にいた妻(44)と次女(14)は逃げて無事だった。同署は、1階にあった石油ストーブが火元の可能性があるとみて調べている。現場はJR内房線五井駅の東約3キロの住宅街。

 優里香さんはアニメが好きで「将来は声優になりたい」と夢を語っていたといい、中学では吹奏楽部に所属して合唱祭で指揮者を担当。同級生だった男子生徒(16)は「明るくて、とても優しかった」と涙ぐんだ。別の男子生徒は「責任感が強く、成績もよかった」と話した。

 栞里さんについて、近くに住む少女(16)は「控えめな感じの子だった。仲がよい姉妹で亡くなったことが信じられない」。近所の女性(61)は「3人姉妹で、いつもにぎやかな家族だった。なぜこんなことになったのか」と言葉を詰まらせた。

【関連記事】
ストーカー殺人現場から出火か 東京・新橋で13棟焼ける 
東大阪で16室アパート全焼、69歳男性?死亡
桑田真澄氏ショック…父・泰次さん焼死「一番のコーチだった」
「アロマキャンドルつけたまま寝た」アパートの部屋全焼 さいたま市
駐車中のトラック炎上、車内の運転手死亡

<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
首相と2閣僚、秘書任せ認める 収支報告書チェック(産経新聞)
<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)
「小沢氏続投」明言せず 首相迷走 “乳離れ”いつ?(産経新聞)
検察追及を横目に 民主、岩手で“帝国”健在(産経新聞)
posted by オオイズミ ヒカル at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。