2010年04月20日

殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)

 殺人の公訴時効を廃し、傷害致死や業務上過失致死などで死亡させた罪は時効期間を2倍に延長することを柱とする刑事訴訟法等改正案は13日、参院法務委員会で与党と自民、公明両党の賛成多数で可決された。

 共産党は反対した。参院先議のため、14日の参院本会議で可決後、衆院に送られる。

平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
障害者施設、6割が利用再開=自立支援法施行で調査−厚労省(時事通信)
<山口強盗殺人>被害者の大石さん 死因は窒息死 (毎日新聞)
日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
posted by オオイズミ ヒカル at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。